赤ちゃんの泣き声を翻訳してくれる「バブリンガル」アプリも登場!

  • 2016-5-19
赤ちゃんの泣き声を翻訳してくれる「バブリンガル」アプリも登場

「赤ちゃんは泣くのが仕事」なんて言いますが、正直、何で泣いているのかその原因がわからずイライラすることありますよね? 我が家の長男(瑞樹)もまだまだ話すことはできないので、色々なことを泣いて訴えてきます。

ちなみに泣くとお姉ちゃんが面倒を見てくれるのですが、結局ママが出撃して泣きやむのが定番のパターンになっています。

さて、一昔前に犬の鳴き声を翻訳する「バウリンガル」なんてアイテムが流行りましたが、赤ちゃんバージョンの『バブリンガル』なるアイテムがあるのはご存知ですか?

赤ちゃん泣き声翻訳機 Why Cry

これが赤ちゃんの泣き声を翻訳するバブリンガルこと『ホワイクライ(WHY CRY)』です。

商品自体は2003年には既に販売されており、スペインのネトゥリン社で開発商品化されたものが原型となっています。仕組みは至ってシンプルで赤ちゃんの泣き方を分析し「空腹」「ストレス」「不快」「退屈」「眠い」のどれが原因で泣いているか表示してくれるというものです。

商品化に至るまでに様々な国の赤ちゃんの泣き方を徹底的に分析した結果、街頭調査によるとその精度は90%以上とも言われています。

赤ちゃん泣き声翻訳アプリ

さて、バブリンガルは翻訳”機”ですが「アプリはないの?」と思われた方も多いはず。

もちろん、ありますよ!

赤ちゃん泣き声翻訳アプリ

こちらが「赤ちゃん泣き声翻訳アプリ – Biloop Technologic,S.L.」です。

恐らく、現在販売されているアプリの中では一番ユーザーの評価が高いと思います。こちらも赤ちゃんの泣き声を10秒ほど録音してそのパターンで泣いている原因を教えてくれるシステムです。

さすがにバラエティー番組やyoutubeのネタにあるような「赤ちゃん語を日本語に翻訳してくれるシステム」は見当たらなかったのですが、ITは急速に進化していますから、近い将来、同時通訳機も登場するかもしれないですね。

ただ、使用上の注意には「決して赤ちゃんを見守る大人の代わりになるものではありません」とあります。やはり、健やかな成長のためには赤ちゃんとのコミュニケーションが一番大切だと思いますので、バブリンガルや翻訳アプリなどのシステムに頼るのはほどほどにしたほうがよさそうです。

プロフィール

ちょっとわがままな妹の美彩(左)、まじめなお姉ちゃんの美優(中)、緑一点の弟瑞樹(右)を中心とした気ままなブログです。

●MIYU&MISAの1stシーズン
「みゆみさ.com」
●雑学チャンネル
「MiyuとMisaのトリビアーン!!!」
●ディズニー専門チャンネル
「ビビディ・バビディ・ブー.net」

みんな大好きディズニー系最新記事

return top